東京都知事登録旅行業第2-2174号 株式会社ナショナルランド TEL:03-3431-3001

小笠原内地ツアー 第11弾!

’18 ははじま丸 ドック見学ツアー

 2018年1月20日(土) 日帰り 

----------------------------------------------------------------------

大人の社会科見学 内地ツアー

----------------------------------------------------------------------

 催行決定しました!!! //

 

今度の「ははじま丸」ドック見学は

伊豆ジオガイドさんも認める

西伊豆のマニアックな見どころが盛りだくさん!

 

富士山もよく見える西伊豆にはマニアックポイントがザックザク!

 

 

 

父島と母島を結ぶ島民の重要な足、定期船「ははじま丸」。

西伊豆の藤高造船株式会社のご協力で、年に一度行われるドック中の

「ははじま丸」を見学するツアー。

 

おかげさまでここ数年は毎年開催できていて

恒例のツアーになりつつあります。

(皆さまのご協力に感謝!!)

 

  

船が陸に上がるのは、進水式とドックの時だけ

「ははじま丸」にお世話になった方もそうでない方も

船の海面下部分を間近で見ることができますよ!

 

※船内には入ることは出来ません。

 

----------------------------------------------------------------------------- 

 

例年では、

まず1番に「ははじま丸」ドックを見学してから

西伊豆の魅力ポイントをめぐる

というスケジュールを組んでいましたが 

 

今回はいつもと違い、「ははじま丸」に会う前に

「地震動の擦痕(さっこん)」へ向かいます!

 

なぜ、例年通りではないのかって?

それはもう、言うまでもなく(言うけど)

「毎年同じことしてもつまらんでしょ」ということです。

 

(ナショナルランドの提案力をアピール、アピール!)

 

 

ではなぜ、「地震動の擦痕」なのかって?

 

 

  

まず、はじめに…

そもそも『「ははじま丸」ドック見学』ってかなり

マニアックですよね。

スタートからマニアックなわけです。

ならば、その姿勢を貫き通すには

知名度の高い場所へ行くわけにはいかんのです!

 

 

しかし、ナショナルランドは小笠原は熟知していても

伊豆はセミプロ…

 

そんな時は西伊豆を知り尽くした

伊豆半島ジオパークさんに聞くのが一番!

(聞くのかよ!とか言わないで!)

 

 

 


  

で、聞きました。

 

三島から藤高造船さんへ行くまでに

ひくほどマニアックなポイントはありませんか?と。

(やっぱり、聞くんじゃん!)

 

すると、どうでしょう♪さすが、伊豆ジオさん!

たくさんのポイントを教えてくださいましたよ。

(これを小出しにして、毎年違うツアーを企画しよう…イヒヒ)

 

 

その中の一つが「地震動の擦痕」。

知られざる人工物にして国指定の天然記念物ということで

マニアック度はかなり高いです!

 

 

 

↓これな~んだ?↓ 

 

なにそれ、なにそれ?状態かと思いますが、

 

どんなものなのかという詳しい説明は

伊豆ジオガイドさんにお任せしますのでご安心ください。

その昔、西伊豆が軍事拠点となっていた時代や

北伊豆で発生した地震の様子を

みなさんで一緒に妄想しましょう。

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

その後はお待ちかねの『ドック見学』です!!!

 

「ははじま丸」の↓あんな姿やこんな姿↓を

じっくり堪能してください。

 

 

※ドック中の写真は過去のドック見学ツアーでのものです

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

昼食に【宝市場ちゃちゃら亭】で地魚に舌鼓を打ったら

 

 次のマニアックポイント「白鳥山」へ移動します!

 

 

「白鳥山」写真提供:伊豆半島ジオパーク推進協議会

 

 

え?白鳥山のどこがマニアックポイントなのかって?

 

↑↑上の写真↑↑からも

分かる人にはわかってしまうと思うのですが

 

実は山全体が柱状節理の採石場なんです!

 

なんと1000万年~200万年前、

火口の地下にあったマグマの通り道だったところが

隆起と浸食を繰り返して地上へ露出しちゃった部分なんです!

 

 

 

地層の成り立ちを感じながら

採石される様子を見せてもらえるなんて

マニアックで贅沢じゃありませんか?

 

 

しかも、こちらは民間の操業中の採石場ということもあり、

予約&ガイドさんなしでは見学できないレアなポイント♪

個人で行っても見学させてもらえません。

 

 

                    ※…マグマが規則正しい割れ目で固まった様子

-----------------------------------------------------------------------------

 

さぁ、これでどんなに素敵な大人の社会科見学になるか

もう、わかっちゃいましたね!

 

ほらほら、ドック見学好きなあなたは

もう行くしかありませんよ!

 

 

今年もたくさんの皆様のご参加、お待ちしています!!

 

 -----------------------------------------------------------------------------

  

今運行している「ははじま丸」のメンテ中の様子を見れるチャンスか~。

興味はあるけど、どんな感じなんだろう?

 

とお悩み中の方、こちら過去のツアーレポートをご覧ください。

 

あなたもきっと参加したくなるはずです!!!

■スケジュール 2018年1月20日(土) 日帰り

 

 

時間 日程

2018年

1月20日

(土)

 

08:30頃

 

 

 

 

 

17:40頃

 

 

JR三島駅 北口改札口 集合

【地震動の擦痕】見学 ジオガイドさん同行

 藤高造船株式会社 到着

  【ドック中のははじま丸を見学】

 昼食「宝市場ちゃちゃら亭」にて地魚をお楽しみください

【白鳥山】にて採石見学   ジオガイドさん同行 

JR三島駅 到着後解散

 

※移動は全て貸切バス
【食事条件】昼1回  
【添乗員】三島から同行
【募集定員】18名様
【参加条件】小学生以上 
【その他】
 ・ドック内は段差が多いため、運動靴など歩きやすい靴でご参加ください。
 ・ドック内は狭い場所もあるので雨天時はレインコート等の雨具をご用意ください。
 ・ドック内のヘルメットは当社でご用意いたします。
 ・写真も撮影できます。
 ・交通事情によりJR三島駅到着時刻が変更になる場合がございます。
 ・最少催行人員に満たない場合、ご出発2週間前までに当社からお電話または、メールにて
  ご連絡いたします。
参加者人数:名様 2017/11/10現在

 

■ご旅行代金(お一人様)ご自宅⇔JR三島駅までの旅費は含まれません

 

 13,800

旅行日程中に明示された見学場所までのバス代、昼食代、ガイド代含む)

 

JR三島駅に08:30に到着する電車の目安

出発地

利用新幹線

(行きのみ指定)

出発時間 三島到着時間
東京からご参加される場合 こだま635号 東京  07:26発 08:20着
品川からご参加される場合 こだま635号 品川  07:33発 08:20着
新横浜からご参加される場合 こだま635号

新横浜 07:46発

08:20着

名古屋からご参加される場合 こだま630号

名古屋 06:46発

08:25着

’18 ははじま丸ドック見学ツアー 2018年1月20日(土)日帰り
 小笠原内地ツアー 第11弾!